鉄道模型は動かしておくと買取にもいい!

鉄道模型ファンの人も多いでしょう。最新の型の鉄道模型が出れば、ついつい買ってしまう人も多いでしょう。
では、買った鉄道模型はどうやって楽しんでいますか。実はその楽しみ方が、鉄道模型の買取の時には影響してくるかもしれません。ぜひ普段の楽しみ方から、買取も意識してみませんか。

楽しみ方も人によっていろいろ

鉄道模型といってもその楽しみ方も人によって、いろいろです。
実際にレールなど用意して走らせてという楽しみ方があります。今だといろいろなジオラマもあり、線路もいくつも繋げることができます。部屋一面で走らせるなんて人も多いでしょう。
次に飾るという楽しみ方です。これも形をみるだけでも楽しい、頭のなかで想像して楽しんだりできます。
あとは、集めるという楽しみ方です。関連する型やまた鉄道会社ごとなど、集めるポイントも多いでしょう。

買取りにいいのは走らせておくこと

実は買取においては、走らせておく方がいいのです。というのも査定においてはきちんと動作するかもチェックしており、これができないと査定が下がることが多いそうです。
飾っておけば大丈夫と思いがちですが、ホコリがたまったりしてダメになることもあります。また動かしていないことで、査定での信用度も下がります。査定の時に必ず動かすとはかぎらないからです。

毎日動かすと部品の磨耗もはげしくなるので、動かしすぎもよくありませんが、適度に動かしておくことが動作保証にも繋がります。
また、動かしておくとホコリもたまりにくく、また箱などにいれておくと目に触れない部分のホコリや汚れにも気づきません。動かしておくと目につきますからきれいにする気にもなるでしょう。これを考えても、動かした方が本体の管理にもいいのです。

買取前には必ず確認を

買取してもらう前には、必ず動作は確認しておいてください。なにか不備があれば直すか、スタッフに状態や不備も伝えてから買取してもらいましょう。

鉄道模型はネットオークションでも人気が高い

昔と違って、大人でもおもちゃにはまる人が多いです。子どもと一緒にゲームをという人も多いでしょう。そして、鉄道模型も子どもと一緒に集めたり、遊んだりする人も多いでしょう。
特に子どもがいれば、おもちゃや鉄道模型も大人にも身近と言えます。

鉄道模型はネットオークションでも売れるのか

鉄道模型の買取となると、お店へ持っていかねばと思っていませんか。確かにネットで鉄道模型、買取で検索するとたくさんのお店が出てきます。
しかし、お店が近くにない、持っていくのが面倒、また買い叩かれそうで心配なんてこともあるはずです。

そんなときには、ネットオークションを利用するといいのです。あんなおもちゃなんて、鉄道模型なんてと考えてはいけません。ネットオークションのサイトをみてみると、たくさんの鉄道模型が出品されています。値段はバラバラですが1万円を越えるものもあるなど、金額も期待できます。
今では人気の高い品物といっても、過言ではないでしょう。

出品も安心してできる

昔はお金の未払いもあり、トラブルもありましたがサイトも運営を工夫してそうしたトラブルは避けられるようになっています。はじめての人でも安心して、大丈夫です。

やるときのポイントとしてはまずは写真です。箱にいれて写すのもいいですし、また並べて写すのもいいでしょう。数があればそのぶんだけ写した方がよいです。箱や付属品があれば出来る限り写真に収めましょう。複数枚撮影して、状態がわかるようにしましょう。
次にメッセージ文ですが動作の有無についてや付属品の有無、さらに特徴などを書きましょう。その他には最低落札額も高すぎると売れないので気を付けましょう。

発送もしっかりと

落札されればあとは、発送となります。発送の間に壊れないようにクッションや包装もしっかりとしていてから、発送しましょう。
オークションを使うのも、買取では効果的な手段なのです。

壊れた鉄道模型は捨てるしかないのか?

鉄道模型を買ったら、どうやって楽しんでいますか。動かして楽しみますか、また飾って楽しみますか。いろいろと楽しみ方もあるはずです。
しかし、動かしていくと何らかの拍子で壊れてしまうこともあります。子どもがいると雑に扱って壊れるなんてことも珍しくありません。そんな壊れた鉄道模型は、もう捨てるしかないのでしょうか。

捨てるのはまだ早い、実は需要はある

先にあげた楽しみ方の他にも、実は壊れた鉄道模型を直すのが楽しいなんて人もいます。動かなくなった鉄道模型を動かすようにするのが目的で、壊れた鉄道模型を買うなんてことも、実はよくある話なのです。時にはそうした人の集まりやオフ会なんてのもあったりするのです。

ですので、壊れて動かない鉄道模型も実は需要があります。
またコレクターの人だと壊れて動かなくても見た目でよければ、かまわないなんて人も多いのです。
そういう人は箱や付属品がなかったりしても、壊れていても、気に入れば高値でも買ってくれるのです。
こうしてみると、壊れれても価値はあるということです。

買取してもらう前には

壊れた鉄道模型でも、つまりは買取してもらえます。ですので、お店やもしくはネットオークションを利用しましょう。
その時にはきちんと壊れていることを伝えるようにしてください。そうしないと後からトラブルになるかもしれません。

そして壊れていても通常の買取のようにきちんと本体はキレイに拭いておく、ホコリはとっておく、箱があれば準備する、付属品も用意するなどしておきましょう。

壊れた部品は捨てない

遊んでいたり、持ち運んでいる時に部品がとれることもあるでしょう。そんな時も、自分で取り付けられないからと捨てないでください。その部品があることで、買取しやすくなることもあるからです。
あなたの壊れた鉄道模型も、誰かは必要としているのです。