壊れた鉄道模型は捨てるしかないのか?

鉄道模型を買ったら、どうやって楽しんでいますか。動かして楽しみますか、また飾って楽しみますか。いろいろと楽しみ方もあるはずです。
しかし、動かしていくと何らかの拍子で壊れてしまうこともあります。子どもがいると雑に扱って壊れるなんてことも珍しくありません。そんな壊れた鉄道模型は、もう捨てるしかないのでしょうか。

捨てるのはまだ早い、実は需要はある

先にあげた楽しみ方の他にも、実は壊れた鉄道模型を直すのが楽しいなんて人もいます。動かなくなった鉄道模型を動かすようにするのが目的で、壊れた鉄道模型を買うなんてことも、実はよくある話なのです。時にはそうした人の集まりやオフ会なんてのもあったりするのです。

ですので、壊れて動かない鉄道模型も実は需要があります。
またコレクターの人だと壊れて動かなくても見た目でよければ、かまわないなんて人も多いのです。
そういう人は箱や付属品がなかったりしても、壊れていても、気に入れば高値でも買ってくれるのです。
こうしてみると、壊れれても価値はあるということです。

買取してもらう前には

壊れた鉄道模型でも、つまりは買取してもらえます。ですので、お店やもしくはネットオークションを利用しましょう。
その時にはきちんと壊れていることを伝えるようにしてください。そうしないと後からトラブルになるかもしれません。

そして壊れていても通常の買取のようにきちんと本体はキレイに拭いておく、ホコリはとっておく、箱があれば準備する、付属品も用意するなどしておきましょう。

壊れた部品は捨てない

遊んでいたり、持ち運んでいる時に部品がとれることもあるでしょう。そんな時も、自分で取り付けられないからと捨てないでください。その部品があることで、買取しやすくなることもあるからです。
あなたの壊れた鉄道模型も、誰かは必要としているのです。

関連する記事